Googleのスマホ対応から学ぶ

GUM10_CL05064

Googleがスマホ対応サイトをモバイル検索結果で優遇するアルゴリズム変更を4月21日から適用すると発表しました。


これは大問題です!


という人もいるでしょうが、スマホユーザー目線でサイト作っていれば、既にこのあたりは対処できていておかしくないので省略。


それにこの変更はスマホ対応してなければ、圏外に吹っ飛ばす!ってことよりも、スマホユーザーが快適に見られるように作ってね!とサイト運営者に促しているようにも取れる程度。

お役所のサイトなんかはまだスマホ対応していないところも多いようですし。。。



それよりも、ここではアルゴリズム変更って所に着目したい。

こちらの記事の続きの話。




結論を先に書くと、

スマホに対応するためのアルゴリズムを変えた(追加した)のであれば、何かしら他の項目も変更されているはずであり、なおかつ削除された項目もあるでしょう。って考えるわけです。

Google規模にもなると、星の数ほどあるサイト群をチェックしていくわけですから、数値の調整ていどならまだしも、チェック項目の追加は大変なイベントでしょう。

増やすということがどれくらい大変なことなのか。


項目は無尽蔵に増え続けるというよりも、一つ増えたら一つ減らすといった感じが表現としてはよい気がします。

 

ということは、少し前に上位表示に必須と言われた○○が今や評価の対象外になっていたり・・・。ってこともありえるわけです。

SEOで上位表示を目指すと、面倒であってもこういった変化にも対応しないといけませんね。

お疲れさまです。

 

 


と言っていられません。

いや、サイトやブログを作るのであれば、気にしないといけない話しでもあります。結局は訪問者が来る道筋(リンク)をどこかしらに作っていく必要があるわけですし、サイトに来てくれてからは、あなたの作ったサイトの情報を見てくれるわけですから。

訪問者がたどり着く道筋と、たどり着いた後の、

お・も・て・な・し。

です。




私見でいえば、SEM・SEOに被リンクは今も重要でしょうし、この先も重要だと思います。なので私は今でも有効な被リンクが付いた中古ドメインを活用してサイトを作っています。



自分で探しだすことは出来るのでいいのだけれど、有効な被リンクってのを探すのが大変なんですよね。

中古ドメイン屋さんで買えばよいのだろうけどね。笑



そうそう内部リンクも適度に充実しておきたいですね。

良かったらシェアしてくださいね!

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください