あらかわのブログ

アフィリエイトを共に学ぶ仲間との楽しさと、この道の先にある愉快な日常を綴っていくブログ

*

知っているようで知らないgoogle検索のテクニック

      2015/05/17

この記事を読む為の所要時間: 324

GUM01_PH04017

 

普段になにげなく使っているネット検索。

 

しかし、目的のページに「なかなかたどり着かないよー!」って方も多いでしょう。

そんなネット検索の方法を知っているかいないかで、
手にする情報は大きく変わることも。

そこで、今日はネット検索のコツを紹介しましょう。

 

アフィリエイターの方も知っていて損しない情報ですよ。

 

どちらも含む検索(AND検索)

これは AND検索 を使います

車買取 一括査定   

◆キーワードとキーワードの間にスペース(半角全角どちらも可)を入れます。

この検索方法ではキーワードをすべて含んだページを表示してくれます。
左側に書かれたキーワードを重要視して検索結果を表示してくれますので
順番も気にしましょう。

 

どちらか検索(OR検索)

これは OR検索 を使います

車査定 OR 車買取   

◆キーワードとキーワードの間にOR(大文字のみ可)を前後にスペース付けて入れます。

この検索方法ではキーワードのどちらかを含んだページを表示してくれます。
どちらのキーワードも含んでいるページも表示してくれますので、どちらも含まないページは表示しないという方が正しいかもしれません。

 

含まない検索(マイナス検索)

これは -検索 を使います

車査定 -車買取   

◆キーワード前に -(半角のみ可)を入れます。

この検索方法では – がついているキーワードを含まないページが表示されます。
参考例でいえば、車査定を含むページで車買取を含まないページを表示してくれます。

 

どちらかが含まれていて、どちらも含む検索(OR検索 + AND検索)

これは (OR)AND検索 を使います

(車査定 OR 車買取) 一括査定   

◆OR検索とAND検索の合わせ技です。OR検索部分を半角の()で囲みます。

この検索方法では()で囲まれたキーワードのどちらかを含んだページでかつ、
()に囲まれていないキーワードも含むページを表示してくれます。
すべてのキーワードも含んでいるページも表示してくれます。

 

フレーズ検索

これは “” 検索 を使います

Good morning“   

◆そのまま検索したいキーワードをダブルクォーテーション(半角のみ可)で囲みます。

この検索方法ではダブルクォーテーションで囲まれたキーワードをそのままの形で含まれるページを表示してくれます。

参考例でいくと、ダブルクォーテーションで囲まない場合は「Good morning」はGood」と「morning」の2つのキーワードのAND検索になります。これだと望まないページまで出てきてしまいますので、ダブルクォーテーションで囲むことで、キーワードそのままの形を含むページのみを表示させることができます。

 

ワイルドカード検索

これは *検索 を使います

“クルマ*査定”   

◆そのまま検索したいキーワードをダブルクォーテーション(半角のみ可)で囲み、
その部分はどんなワードでも構わない箇所に*(半角のみ可)を入れます。

この検索方法では、上記のフレーズ検索と組み合わせて使用することで、色々な組み合わせとなるキーワードが含まれるページを表示してくれます。つまり色々な組み合わせのワードを含めて結果に表示させることができます。

そして、AND検索よりも、より組みあわせるキーワードが近くに記述されているページを表示させることもできます。

 

 

いかがでしょう、知らない検索方法もありましたか?

まだまだ他にも検索方法はありますが、
この記事は長くなってきたので、一旦このあたりで終わります。

いろいろな検索方法がありますので、インターネット検索する方は
こういったことを覚えておくと望みの情報に、
すぐにたどり着けるようになりますよ。

続きは後日また書きますね。

 - インターネット ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

  関連記事

【続】知っているようで知らないgoogle検索のテクニック
この記事を読む為の所要時間: 339

この記事を読む為の所要時間: 約 3分39秒 Google検索方法の続きです。 …